2016年の夏競馬も、いよいよ今週末でラストを迎える。

札幌2歳Sと小倉2歳Sという二つの2歳重賞と新潟記念がフィナーレだ。
毎年大荒れのハンデ戦・新潟記念を勝負レースに据えるのは避け、キャリアの浅い2歳戦ながらいくつかの必勝パターンの組み合わせで勝つ資格のある馬を絞り込める札幌2歳Sを勝負レースに選択したい。

選択のキーワードは、直線スピードと、今時点の完成度の二つである。どれだけ将来性があってもこのレースを勝つのはこの二つのキーワードを満たすものに限られるのだが、実は現時点でこの条件を満たす馬は1頭しかいない。アタマが固定出来るなら楽に獲れそうなこのレース。さて、その条件クリア馬とは?
今すぐ、ランキングクリックにて。

競馬コラム ブログランキングへ

<後記>
◎ブラックオニキスは10番人気ながら大激走の2着。5番人気トラストとの組み合わせの馬連は18,120円でした。アタマとはいきませんでしたが、直線スピードと完成度では400kgそこそこの小兵ブラックオニキスが抜けいたレース。この後、この馬に勝機があるかどうか分かりませんが、勝ったトラストは勝ちっぷりも含めて相当な大器かも知れません。


■宣教師バーディの千直の鬼シリーズは7戦5勝。今週末のラスト2レースは必勝の構え!!


■覆面導師の「最終レースの心理学」、日曜日新潟12R◎イザから3連複2-10-13 2,880円的中!


ブログランキング登録中「ありがた~い馬
」のご加護がありますように。
ワン・クリック参拝願う

競馬コラム ブログランキングへ


もひとつオマケにエンヤコラ!
 

競馬予想のレジまぐ