『新章・「」の軸馬<12月27日>』

1年間、雨の日も風の日も雪の日も続けてきた「私」の軸馬の、今年最後の予想になる。
思い起こすと、などと、昔話を書いても、そこには何ら意味はない。

意味があるのは今日、これからのレースの「馬の息吹を感じられるような予想」だけである。常に前を向いていこう。全力で行こう。
生きている限り、「私」の軸馬は、ただひたむきにその先に向かう。

昨日の◎アルターは、ルメールJの見事な手綱捌きで勝利、サバイバルに生き残った。
泣いても笑っても今日で雌雄が決する。
今年最後の渾身の予想をどうぞご堪能あれ!!

さあ、今日を過去最高の一日にしよう!!


阪神7R
◎ステイインシアトル(7番)


500kgに近い大型馬の19ケ月ぶり実戦である。常識的に、これを最後に狙うのはどうかしているのではないか?と思う諸氏もいるだろう。

20ケ月前の福島競馬場にいた一人の導師が衝撃的な未勝利戦を目撃した。経験馬相手の初出走ながら、その圧倒的な素質を評価された1番人気。レースも溢れんばかりのスピードで逃げそのまま5馬身差の圧勝だった。

「モノガチガウネ~」とは、そのレースの後で聞いた導師・宣教師バーディの偽らざる感想であった。

2走目に選んだレースはG2京都新聞杯。つまりダービー出走を視野に入れた参戦である。そこでも未勝利を勝ったばかりの1勝馬の身でありながら、今日の有馬記念でも人気になるであろうサウンズオブアースや今やマイル王になったモーリスよりも高い支持を受けた。レースは15着に惨敗したが、超ハイペースの展開を三番手追走の素軽い走りを魅せくれている。

脚部不安があり長期休養明けになったが、その苦難に耐えついに復活の日を迎えた。あの池江厩舎、そして武豊Jである。出走させをる以上、勝てる状態であることは疑いようもないだろう。

一年の最後、有馬記念の当日に出走させてきたのも、来年に向けての強い意思を感じる。G1出走馬たちにも負けない、衝撃の走りの目撃者になろう。


日和ることのない狙い目で、最後の1勝を勝ち取る。
読者諸氏の熱い声援を乞う。



1年間、ありがとうございました!!来年も宜しくお願い致します!! by 未来


『リバース競馬NEO』は超お得な新春特別プランを実施します!
サービス内容は12月28日にメルマガにて配信しますので、ご興味のある方は今すぐご登録を!!

「競馬終着駅」オフィシャルメルマガに登録(無料)


※購読は完全無料です
※配信は原則として中央競馬開催日の午前中。(その他不定期の配信あり)



ブログランキング登録中
ありがた~い馬
」のご加護がありますように。
ワン・クリック参拝願う