競馬終着駅


宣教師バーディってどんな人?

宣教師バーディってどんな人?」

NHKマイルCの日、花丸和尚の檀家さんご一行に謎の外国人が一人同行していた。

東京10Rの前にヴォーグトルネードの福永をやたらと推していた男が
「宣教師バーディ」だ。

どこの国から来たのかも、一体何を宣教しているのかもよく分からないのだが
あらゆる言語に精通していて、外人騎手や外国人の競馬関係者たちには
一目置かれているらしい。


噂によれば馬とも話せる??というのだが・・・

ヴォーグトルネードにも「府中と福永チャン大好き」と聞いてきたらしい)

その真偽のほどは誰も知らない。


ヴォーグトルネードは見事な差し切りで1着だったが・・・

現場の生情報、調教やパドック等の調子重視の予想

本命馬というよりは中穴狙いが多い。

あらゆる言語に精通しているというのに、どうしたことか日本語だけは不得手らしく
時々何を言わんとしているのかが分からず困ることがある。

特に馬券選択の理由などで込み入った話になると、言っている意味!?
が分からないことがあると思うが大目に見てやって欲しい。

花丸和尚の寺のほか、私の勤務先の近くのスーパーでも良く遭遇するので
外人騎手情報や馬の話(?)が聞けた時には(半信半疑ながら)記事にしようと思う。

話半分で聞いてやってくれ。


明日は「万風老師」を紹介予定。
人気気ブログランキング登録中!
ランキングを上げてバーディをノリノリにさせよう!協力頼む!

花丸和尚とは?

花丸和尚とは?」

既にNHKマイルCミッキーアイルの単勝話で登場したのでご存知の方も多いだろう。
凄味さえ感じさせる勝負師!としての資質に
早くもファンと称する者も現れている花丸和尚である。

今日は、その人となりについて、改めてご紹介しておこう。




花丸和尚は、三度の飯より競馬好きの寺の住職だ。
趣味が講じて檀家相手の競馬教室を開いてみたところ、これが大いに流行ってしまい
今や土日の法要は避けてくれという事態になっているという。

それでも寺のことは年の離れたしっかり者の妹・ミキさんが切り盛りしているので
とりあえず傾いてはないものの、和尚の馬友の私としては週末毎にフラフラと
寺を訪れるにつけミキさんの視線が痛い。

予想はデータ重視の本命党である。大勝ちはないがそうヤタラには負けないと
酔うと口癖のように豪語!しているらしいが、実際のところどんなものなのかは分からない。

ただNHKマイルCのようにこれは絶対だ!!」
という時の勝率には目を見張る物がある。

正直そういう勝負では負けたという話を聞いたことがない!
(話さないだけかも知れないが…)

話好きで一言多いのが玉にキズだが
これがなかなかの弁士で「なるほど〜」と聴衆を唸らせる。
見た目も高尚な住職と言う印象だが、根は結構小心者で
妹のミキさんにはまるで頭が上がらない。
面倒見の良さは天下一品、悪い男ではないのは間違いない。

和尚とは週に1度はお会いしているので、面白い話を聞けた時には
このブログで紹介していくつもりだ。楽しみにしておいてくれ。

明日は「宣教師バーディ」を紹介予定。
人気ブログランキング登録中!協力頼む



【NHKマイルC回顧】NHKマイルCで見た花丸和尚の凄味!について~後編

NHKマイルCで見た花丸和尚凄味!について」

NHKマイルCで見た花丸和尚の凄味!について~前編より続く)

直前までどう買えば良いか迷いに迷ったが、パドックを見た和尚から「いけるぞ!!」
という力強い後押しをもらって、そのまま和尚に乗ることにした。

その時点でミッキーの単勝はついに2倍を割り1.9倍になっていた。


レース結果は諸氏も知っての通りである。

直線で他馬を突き放すことが出来ず、一瞬「危ない!」と身を乗り出した私に対して、花丸和尚は微動だにしなかった。

力むでもなく緩むでもなく・・・ただそこに・・・あるがまま!という事。

これこそが修行者の「凄味」なのだと痛感したゴール前。ミッキーアイルも最後まで先頭を譲ることはなかった。


「2倍つかなんだのは、お前さんに余計な指南をしたせいかの〜
フォッフォッフォ」

レース後の宴会にはいつもの和尚がいた。5月の夕暮れに吹く風は、どこまでも優しくそして心地良かった。

花丸和尚の競馬にグッと来た貴方には、
クリックひとつのご祝儀を頼みたい。



Twitter プロフィール
ブログ『競馬終着駅』」のオフィシャル・ツイッターです。ブログの更新情報をはじめ、ツイッターならではの息遣いの聞こえるようなリアルタイム情報を呟きます!どうぞ宜しくお願いします!#競馬 #keiba #競馬予想 #勝ち馬予想 #
競馬終着駅QRコード
QRコード
競馬予想のレジまぐ